Tel:052-931-1026受付:8:30~17:30 休業日:土日祝

相続登記が必要になる理由とは?

土地や建物の所有者が亡くなられると、相続が発生します。
当事務所は、遺産分割協議における遺産分割協議書の作成や、
相続した不動産の所有権移転登記を行います。

登記とは、法務局に不動産の所有者や担保権者などを申請し、
登記簿謄本に記載することで公示されるものです。
実際に所有している人と登記簿上の所有者が違う場合や、
実際の所有者への移転登記がなされていない場合ですと、
いざその不動産を売却したいときや、その不動産を担保に融資を受けたいときなどに
不利になることがあります。

登記面から言えば、「相続登記をいつまでにしなくてはいけない」という具体的な期限はありません。
このことで、相続登記をせずに放置するケースもありますが、
放置する期間が長ければ長いほど、デメリットも生じてきます。

例えば、相続登記をしていない間に相続された方(相続人)が亡くなられてしまった場合、
前の相続に加えて新たな相続が発生し、相続の権利は相続人の子や孫に移ります。
このような状態が重なってしまうと、相続人を確定するための調査が必要になり、
依頼者様にも大勢の方と連絡を取って頂くなどの協力をお願いすることや、
膨大な量の必要書類を集める実費だけでも思わぬ費用がかかってしまうこともあります。
もちろん時間もかかってしまいますので、融資のタイミングもずれ、
計画に影響を及ぼしかねません。

業者

デメリットを抑えるためにも、相続が発生したらすみやかに相続登記を行い、
将来的に訪れる「そのとき」に備えることが大切です。

あおい綜合事務所は、様々なケースに対応した経験豊富な司法書士が
登記手続を迅速に、スムーズに解決いたします。
ぜひ一度、ご相談下さい。

前のページに戻る

各種業務案内

司法書士

司法書士業務

●所有権移転・保存登記 ●抵当権設定・抹消登記 ●商業登記

行政書士

土地家屋調査士業務

●確定測量 ●土地分筆登記 ●建物表題登記

行政書士

行政書士業務

●農地転用 ●建設業許可 ●風俗営業許可

↑ PAGE TOP


個人情報保護方針