Tel:052-931-1026受付:8:30~17:30 休業日:土日祝

各種許可申請業務

あおい綜合事務所では、各種許可申請業務を取り扱っております。

各種許可

農地転用 農地の所有権を移転したり、また農地を宅地に変えたりするときには
届出(市街化区域)及び許可(市街化調整区域)が必要です。
届出には農地法4条、5条の2種類、許可申請には、
農地法3条、4条、5条の3種類があります。
「3条許可」とは、農地又は採草放牧地について所有権を移転したり
賃借権などの権利を設定するときに必要な許可のことで
「4条許可、届出」とは、農地を権利の移動を伴わずに農地以外のものにする許可です。
「5条許可、届出」とは、農地を農地以外のものにする場合や、
採草放牧地を採草放牧地以外のものにするため、土地の所有権を移転したり、
賃借権などの権利を設定・移転するときに必要な許可、届出です。
●申請窓口・・・各市町村役場の農業委員会
  《費用》
  (届 出) 4~5万円
  (許 可) 8万円~
  ※内容により、増減します。
建設業許可 不動産1件の請負代金が500万円以上(建築一式工事について、
木造住宅以外では1,500万円以上、木造住宅では述べ面積が150㎡以上)の
工事を請負施行するには、建設業許可が必要です。
また、建設業許可を更新(5年毎)して引き続き営業するには、
許可の満了する日前30日までに許可の更新の手続きをとらなければなりません。
もし手続きをとらないまま許可の期間が経過した場合には許可の効力を失ってしまうので、
改めて新規の許可申請をしなければなりません。
この場合、更新をするにあたっては、
毎年決算から4ヶ月以内に営業年度終了届を出しておく必要があります。
その他、商号、営業所の所在地、役員等を変更したときにもそれぞれ変更届が必要です。

風俗営業許可 バー、キャバレー、クラブ、ラウンジ、スナック、麻雀荘などのいわゆる風俗営業を営むには、
風俗営業許可申請書を店を管轄する各警察署の生活安全課を通じて
都道府県公安委員会に提出しなければなりません。
また、風俗営業の中でも飲食物を客に提供する場合には、
食品衛生法の基づく飲食店等営業許可申請書を保健所に提出しなければなりません。
  《許可費用》
    店の規模に応じて10万円から20万円(証紙代27,000円)

各種業務案内

司法書士

司法書士業務

●所有権移転・保存登記 ●抵当権設定・抹消登記 ●商業登記

行政書士

土地家屋調査士業務

●確定測量 ●土地分筆登記 ●建物表題登記

行政書士

行政書士業務

●農地転用 ●建設業許可 ●風俗営業許可

↑ PAGE TOP


個人情報保護方針